ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

投与後の経過と新たな家族の悩み①(タバコについて)

【2008年5月 投与後の経過と新たな家族の悩み】

シスプラチンとラステッド投与後、
血小板と白血球の減少の為に輸血を2度行いましたが、
その後食欲が出てきて少しずつ食べられるようになって来たので、徐々に体力が回復。
日々の倦怠感は残っているものの、痛み止めの薬も効いているので
徐々に口数も増えてきて顔色もよくなってきました。

入院当初は医者からもかなり厳しい事を言われていたので、
かなり落胆していたのですが、
抗がん剤が思いのほか効いたので、ホッとしていました。

そんな家族の気持ちもつかの間、
新たな家族の悩みが発生しました。
それは「たばこ」です。

父はヘビースモーカーというよりも、チェーンスモーカーに近いぐらいの
たばこ好き。
「酒はやめられないが、タバコはやめられない」
という、自称どっちも辞められない派を公言していたぐらいですから。
ガンの肝臓転移で、肝臓の機能がすっかり弱ってしまっている父は
辞めるつもりは無かったけれど、体が一切お酒を受け付けなくなってしまったため、
全くお酒を飲みたいとか、口にしたいといわなくなりました。

しかし、タバコは別のようで、病院にいてもたばこを吸いたがりました。
家族としては、言わば半分はたばこが原因で、
今回のようになってしまったと思っている、
憎い「悪の元凶」と信じてやまない訳ですが、
父としては、タバコを辞めた事が一度も無く、
むしろこの入院生活でタバコをたたれている事に、
苛立ちを募らせていたようです。

この時はまだ個室に入院していたので、個室の中にトイレがありまして、
実は隠れて個室のトイレでタバコを吸ったりしていたようなのです。(いけない事ですが)
こんな事が病院に知れたら大変だと思ってかなりあわてました。
この事が発覚後は、タバコを辞めさせたいという家族の思いと、
父の是が非でも吸いたいという思いが衝突し、
病室内にて大喧嘩になったことが何度かありました。

父は母に「消臭剤を買って来い」と言います。
トイレで吸った後にニオイが残らないようにするためと、考えていたようですが、
そんなことしたって、ニオイは残るわけで・・・。
食べ物の好き嫌いの多い父に向かって
「これを食べたら消臭剤を買ってきても良い」
と、交換条件を出すと、父はそっぽを向いて
「もういい、そんなんならもう頼まないからいいし、早く帰ってくれ。」
そんな押し問答です。

困り果てて、担当医に相談をしてみるものの、
「正直、今タバコを辞めたところで病気が治るという事でもないですし、
むしろその楽しみを取り上げてしまう事でのストレスを考えるとね~」

という回答。ドクターの言う事も分からないでもないのですが、
家族としてはなんとか辞められる手立ては無いものか・・・と施行錯誤の日々が始まりました。

まさか、ガンの治療でこういう事に頭を悩ませなければならなかったとは
全く想像していませんでした。

そりゃ、お医者さんの言うとおり、
辞めたところでどうだ?って感じですが、
家族はそれを見ているのが辛いのです。
それに、抗がん剤が効いてくれて、
もしかしたら軌跡が起きるかもしれないという
数パーセントの望みは捨てていないのです。

そのためには、これ以上悪くならないように、
タバコを辞めてもらおうと必死になるのが
家族の気持ちじゃないでしょうか?

その後のやりとりで、
「病室でタバコを吸ったところを見つかったら、個室を追い出されるんだよ!」
という脅しで、病室での喫煙はなんとか収まりました。
喫煙できない分、禁煙パイポを大量に購入し、病室内で食事以外の時は
いつもパイポを吸っていました。

タバコのやり取りはこんな事で納まるわけも無く、今後も果てなく続いていくのですが、
肺がんで時折酸素をマスクから吸入しているのに、
よくもまぁタバコを吸えるもんだと、そういう意味では本当に
見上げた根性だと敵ながら天晴れな気分ではありました。


スポンサーサイト
[ 2009/06/10 13:14 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。