ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

通常の病棟と緩和病棟との連携について

最近ではサザンの桑田さんに食道がんが発見されて手術するなど
相変わらず「がん」のニュースは絶えません。

発見する器具や技術はかなり向上しているとはいえ
病気としては残念な事にとても身近な存在で有るという事は否定できません。


今年に入ってから、知り合いの母親(65歳前後)が乳がんが原発で
骨や肝臓などに転移してしまい入院を余儀なくされています。
今はお腹の辺りに腹水が溜まっており、
それが胃を圧迫しているのでご飯が殆ど食べられない状態です。

入院している病院には緩和病棟も併設して有るところで
今は主治医より「抗がん剤がもう使えないので、緩和病棟へ行く準備を進めたほうが良い」
と言われています。

普通の治療と緩和病棟で施される処方との大きな違いは
がんをやっつける治療をするかどうか
という点です。
緩和治療ではがんの進行を止めることはしません。
基本的には傷みをコントロールしながら
日常生活を送れるようにする
とうのが大前提にあります。

私が自分の父の時にも直面した事ではありますが、
多くの人達は普通の病棟と緩和病棟で行われる処方の違いを理解していません。
病院側もまた、その役割を明確に理解し、説明できる人は限られています。

「延命処置はしない」

という緩和治療のその言葉だけを抜粋して取ると、
家族やその本人は「治る見込みが無いから見放された。」
と思ってしまいます。

実際に病院側としては抗がん剤や放射線あるいは手術などが出来ない患者を
ずっと一般病棟に寝せておくわけにはいかないので
やる事が無くなれば、緩和病棟へ移ってもらう
というニュアンスで、進めるケースが殆どだと思います。


この、なにか病院側の都合で区分けをされている
緩和治療と一般治療については
個人的に違和感を感じてしまいます。
本来ならば、緩和医療チームと一般病棟のチームでもっと連携を取ってもらい
抗がん剤や放射線などの治療が施せないときは
疼痛コントロールのために一旦は緩和病棟へ行くが、
体力や状況が許せば一般病棟へ戻り、また治療を行う。

こういうスタイルにしてもらえれば、
緩和治療に対して患者や家族の心構えが変わってくるし、
精神的な負担もどれだけ楽になるかと思うのですが・・・
実際は「一般は一般。緩和は緩和」
として、あまり連携をとっていない病院が殆どです。

もっと柔軟に病院側が対処してくれるような
システム作りになって行く事を心から願います。


スポンサーサイト
[ 2010/07/30 11:54 ] 病院検索・リンク | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。