ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

抗がん剤【シスプラチン】の副作用について

抗がん剤について、家族や本人が一番心配する事、
それは効き目が有るかどうかも去ることながら
やっぱり副作用の事だと思います。

抗がん剤の名前だけ聞いても
成分を聞いても
患者も家族もそれがどれほどの物なのかは分かりません。

抗がん剤の投与する期間、サイクルなどの説明を聞いた後は
大体「こんな事が有るかもしれません」という、脅しのような注意書きを説明し
そこに同意してサインをしなければいけません。

注意書きは主に
抗がん剤をした時に起こりうる可能性の有る
副作用の一覧がツラツラと書かれています。

これだけを読んでしまうと、
「抗がん剤なんてやめて~っ!!」って叫びたくなっちゃいますが、結局の所
投与してみないと、どの症状がどれだけ強くでるかは
ドクターにも分からない・・・・
という事です。

でも、抗がん剤はがん細胞を殺し
抗がん剤の多くは正常な細胞も同時に攻撃してしまうので
症状がゼロ
のパーセンテージの方が低いとも言えます。


父は最初の6回まで
シスプラチンという白金質の抗がん剤を投与しまいた。
この抗がん剤自体はかなり強いランクの物らしく
投与して翌々日ぐらいには血小板と赤血球の数値が極端に低下
輸血してしのぎました。

あとは、抗がん剤特有の倦怠感
これはシスプラチンに限らず、どの抗がん剤を投与しても感じる事が多いみたいです。

吐き気については父の場合はほぼ症状がゼロに近かったですが、
抗がん剤を投与している最中に、吐き気止めの製剤も投与していたと聞いています。

それと抜け毛についてですが、
シスプラチンの投与では、ほぼ完全に抜け落ちてしまいました
抜け毛は投与して直ぐには症状が出ず、
5日~一週間ぐらいは抜け始めるまでに時間がかかりました。

最初、抗がん剤の投与が終わって直ぐは、全く髪の毛が抜けていなかったので、
ひょっとしたら父は抜けないのかな?って思っていたんですが、
その思いは甘く、抜け落ちるときは一度のブラシ、シャンプーで
ゴソ ゴソ 
と、まとめて抜けてしまう為、父も大変ショックを受けていたようです。
(私にはそんなこと言ってませんでしたが、
母にはなにか心細い事を言っていたよう。)
抜け始めると早く、2、3日でほぼ抜け落ちてしまいます。

でも、全ての抗がん剤で抜けるわけではなく、
シスプラチンなどで抜け落ちてしまっても
抗がん剤の投与をしていないとまた毛は生えてきます。
(一生はえないというわけではないです。)

すごく不思議だったんですけど、
一度抗がん剤ですっかり抜け落ちてしまった後、
シスプラチンから別の抗がん剤にスイッチし、
白金質の抗がん剤投与をやめてからは
黒い、丈夫な毛が生えてきました。
(父は元々白髪頭だったんですよ!もうビックリです!)

髪の毛が無くなってからは暫く病院内に売られていたニット帽を被ってましたが、
夏場などはチクチクして痛いし暑いので、
ラーメン屋さんなんかがよくやっている
バンダナ帽が非常に役に立ち、また父もえらく気に入ってました。
※バンダナキャップについてはこちらのブログにも少し触れています★

抗がん剤の副作用は出方がまちまちで
父がそうだったからといって一概に他の人もそうだと言い切れませんが
少し参考になればと既述いたしました。
スポンサーサイト
[ 2010/07/15 19:27 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。