ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

採血だけで消化器がんを発見

がんの早期発見に、また新たな光が差し込んできました!

asahi.comの記事によると金沢大学は19日、胃がんや大腸がん、膵臓(すいぞう)がんなど
消化器のがんを採血だけで発見できる手法を開発したと発表
消化器がんに特徴的な遺伝子群の異常があることを見つけ、
がんの有無を判定できるようにした。
従来の検査法より、がんを高率で見つけることが期待できる
※asahi.com文を引用。さらに詳しい記事はこちら

血液検査だけで特定のがんとはいえども発見できるというのは、
少なくとも健康診断などでこの検査をもりこむ事が出来るようになれば
格段にがんの早期発見につながります。

きっと、今後さまざまな研究の中で、
また新たな手法も生み出されることが期待されますね。
スポンサーサイト
[ 2009/11/20 17:07 ] がんに関する記事情報 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。