ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第二回 肺がんの抗がん剤治療

【2008年5月 第二回 抗がん剤治療】

第一回目の抗がん剤治療から約1ヶ月。
二度目の治療が始まりました。

今回も前回と同じ抗がん剤投与となりました。
■抗がん剤の種類:CDDP(シスプラチン)+VP-16(エトポシド)
■投与サイクル:4週間を1サイクルとして、2コース(今回が2サイクル目)
■投与した日:5月20日~22日の3日間

※前回の投与記録はこちら

抗がん剤の量などは、前回の投与時に貧血が酷かった為、若干少なめの量で調節して投与したとの事。

【術後の経過】
抗がん剤投与後2、3日は倦怠感と食欲不振があったものの、徐々に食欲も取り戻し、食べられるものも増えてきて体力の回復が早かった。
ただ、右側の顔が少し剥くんでしまったが、徐々にそれも解消へと向かっていきました。
でも、回復が早いだけに、本人が早くたばこを吸いたいという気持ちが復活するのも早く、
この事で個室で大喧嘩をまたもや繰り広げてしまった・・・・。

父からすると、タバコを吸えるという事は
唯一の生きがいであり、目標であり、生きている証であるのだろうと思うのだけど、
母はタバコを吸っている事で、進行が早くなる事を懸念し、なによりこれが元で肺がんになったと疑わず、その両方の板ばさみになって口ぞえをしているのが私ということで。
口うるさい娘を追い出そうと、父も必死なのです。
父の回復が早いのは非常にありがたいのですが、折角抗がん剤が効いてくれているのにタバコを辞めないという行為が、家族として受け入れられず、また信じられない気持ちでした。

この気持ちのすれ違いはしばらく続いて行きました。







スポンサーサイト
[ 2009/06/29 20:30 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。