ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホスピスや緩和ケアについて

ホスピスと緩和ケアについては、各医療機関のホームページでも様々な使い方がされており、
はっきりとした区別がついていないのですが、
緩和ケアは疼痛のコントロールを行うという狭い意味で使われている事が多く、
ホスピスは終末期医療を行う施設としてとらえられる場合が多いようです。

最初は
緩和ケアのチームがある病院=ホスピス
だと勘違いしていたのですが、
緩和ケアは今ではガンの患者だけではなく、あらゆる疾患の患者に対して
疼痛を緩和するような処置を行えるという事のようです。

日本においての緩和ケアや疼痛コントロールへの取り組みについて、最近では積極的に行われている病院も多く見受けられるようになっていますが、
一般の患者や家族は、まだまだ勘違いして認識していることが多いと思います。
(医師でも緩和ケアの知識をあまり持っていない方も悲しい事にまだ多いのが現状です。)
その勘違いや誤った認識を少しでもなくして、疼痛に対する心配や恐怖心を取り除く為にも、
正しい知識を有益な情報のあるサイトやシンポジュームなどに参加して、得て行く事が必要なのではないかと感じます。


■ホスピスや緩和ケアに関する情報が得られるサイト

  • がんの痛みネット
    ホスピスや緩和ケアを考え前に、がんの痛みについて分かりやすく書いてあります。
    また、痛み止めの薬についての知識なども参考になります。

  • 日本ホスピス緩和ケア協会
    この協会に参加しているホスピス緩和ケアのある病院などを検索することができます。

  • 国立がんセンター がん対策情報センター がん情報サービス
    「病院を探す」項目より、がん拠点病院や緩和ケア病棟のある病院、相談支援センターの検索ができます。その他、ガンに関する情報は豊富です。

  • 在宅ケアデータベース
    在宅治療を受けられる病院や診療所のデータベース。
    自宅でどんな治療をうけられるのか、どんな対応をしてくれるのか、過去にどのぐらいの患者を見ているのかなどを見る事ができます。
    ただし、データがいささか古いので、最新情報は直接病院に訪ねてみたほうが良いと思います。

  • (財)日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団
    あまり一般的な人向けのサイトではなさそうですが、「がん緩和ケアに関するマニュアル」からは緩和ケアについての概要や指針などが述べられており、緩和ケアを掲げている病院のガイドラインはどんなものかを知る事は出きると思います。

  • 日本医師会ホームページ:がんに関するページ
    ページ内では、下記の小冊子をダウンロードする事ができます。
    医療従事者向けとなっている小冊子でも、内容は一般の方でもわかる部分も多くあります。
    がん緩和ケアガイドでは疼痛コントロールに使われる薬や、WHOの指針を基準とした投薬の方法なども触れられており、知識として役に立つと思います。
    【ダウンロードできる冊子のタイトル】
    ◆こんなとき、どうする?「がん」といわれたら(一般向け)
    ◆がん性疼痛治療のエッセンス 2008年版(医療従事者向け)
    ◆がん緩和ケアガイドブック 2008年版(医療従事者向け)

    ※ダウンロードできるページリンクはこちら


スポンサーサイト
[ 2011/06/28 23:38 ] ホスピス(緩和ケア)について | TB(0) | CM(-)

ラジオNIKKEIの【働くがん患者学校】

最近パソコンをいじりながら、
ネットラジオを聞く機会が多いのですが、
ラジオNIKKEIは結構面白い番組が多いです。

その中で、第一、第三日曜日に放送されている
【働くがん患者学校】
というプログラムを見つけたのでご紹介します。

文字通り、「働くがん患者」に向けた内容がコアとなっています。
リスナー自体ががんの経験者だったりするので
かなりリアルで等身大。
どこかの偉いお医者様が難しい専門用語を並べ立てているような
感じではないので、すごく聞き易いです。

たとえばガン治療を続けている事により
どんなことにお金が必要になってくるのか
とか
ガンの治療を続けながら仕事をするにあたっての
様々な弊害や悩み
など。

ご興味の有る方はパソコンでも簡単に視聴できますので
是非アクセスを。
■働くがん患者学校byラジオNIKKEI
[ 2011/06/20 19:26 ] がんに関する記事情報 | TB(0) | CM(-)

第4~6回 肺がんの抗がん剤治療 [2010/8月~10月]

2010年8月~10月までの間に
ほぼ1ヶ月おきのシスプラチン抗がん剤治療を行いました。

4回目の抗がん剤治療を終えた辺りから、
小細胞がんの数がレントゲンで目に見える位に
小さくなっていました。

当初、肺のレントゲンを見た時には、
右の肺は白く一面に雲がかかっているような
キリがかかっているようなそんな状態だったので
素人の私がみても
「絶対怪しい」
とわかるような感じでしたが、
その酷い時から比べれば数段良くなったように思えました。

実際、抗がん剤は効いてくれていて、
最初の頃はゼイゼイと息苦しかったのも随分と呼吸が楽になり、
肺に空気を送り易くする為の胸部に貼る器官を拡張するための薬も
しばらくは使わなくても全く問題ない感じでした。

抗がん剤の効果が実感出来た事も有り、
父も絶望感から少し解放されたのか明るくなり
最初の入院時から比べれば食欲も増してふくよかになってきました。

人は、ほんの少しの希望で
こんなに明るく元気になれるんだな

父を見ていてそう感じました。
その様子を見ている母もまた嬉しそうでした。

元気になると、病院にいても食事はおいしく無いし
毎日テレビばかり見ていても飽きてしまう。
だから、抗がん剤の治療が終わると一日も早く退院したがりました。
内心、退院したい一番の理由は喫煙だったと思うのですが・・・

この頃は退院して自宅で過ごす時間も大分長くなってきました。
自宅に居る時は、殆ど昼間寝て夜起きている生活になっていました。
どうしても釣りに行きたいらしく
夜なべして釣りの仕掛けを作っていて
母は寝たがっていたけれどもウトウトしながら起きている。
早く寝た方が良いと行っても言う事聞かない。
しかも、日中母が疲れて寝ている好きに
車に行っては喫煙している始末。
もう、この頃になると、いちいち「喫煙しちゃダメ!早く寝ないとダメ!栄養付けなきゃダメ!」
って、言わなくなっていた。
だって散々言ってきたし、いやという程喧嘩してきたから。

でも有る意味、ここまで我を通せる父は凄いなと思う。
家族になに言われようとも、自分の意志でやりたいようにやる。

今となって思えば、夜眠らなかったのにはもちろん釣りをやりたいから
がんばって仕掛けを作っていたのも有るけれども、
夜の闇が怖かったんじゃないだろうか。
と、思う。
母もそれを承知していたからこそ
そんなわがまま三昧な父に付き合っていたんだと。



[ 2011/06/02 23:44 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)
カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。