ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

がんの告知について

知人のお母さんが乳がんの転移により
入院をしてから既に3ヶ月が経過しようとしています。

余命の宣告では長くても3ヶ月ぐらいだろうと
家族には伝えられていたようですが、
その余命宣告の時期をもう過ぎようとしています。

乳がんが発覚し、手術を行い
いつの間にか知らぬ間に転移をしていて
気がついたときには既に末期の状態で発見され
腹水がたまってご飯をまともに食べられない状況でした。

その後病院に入院し、抗がん剤も出来ないと判断されたので
緩和病棟へと移り現在に至っています。


がんになっている本人には余命は伝えていません。
家族の希望で本人には伝えない方針をとりました。


本人は、いずれはがんが治って自宅に帰れると思いがんばっています。
食事も少しではあるけれども
なるべく口から摂取できるように努力しているそうです。


余命を医師から告げられている家族にとっては
真実を伝えられないもどかしさや辛さが有るのですが、
本人は強く「治る」と信じており、それを一ミリも疑っていません。

緩和病棟に移ったときから、何故だか体調が優れる日が増えたのか
食事も口に含む回数が増えてきました。
体力も増えはしないものの、減りもしないという状況で
平行線をたどっています。

放射線治療や抗がん剤治療をするにあたり
近頃はがんになれば告知することは当たり前になっているし
実際に私の父の場合は、本人に病状の説明をその場でしたぐらいです。
(余命という言葉は、その医師は使っていませんでしたので
本人がその説明を受けて、希望を失うという事ではありませんでした。)

人がそれぞれ持っている「死生観」というものは違っているので、
そこを突き詰めて考えると、必ずしも告知する事が良いとも限りませんし、
また告知しないほうが良いとも限りません。
ただ、多くの人は自分の寿命を人から定められてしまった瞬間
「どう生きるか?」
などと冷静には考えられないものだと思います。

先日、母に
「もしもお母さんががんになって、お父さんと同じように末期の状態で見つかったときは、告知をしてもらいたい?」
っと聞いてみたところ
「聞きたくないし、教えて欲しくない。ただただ静かにしていて欲しい。」
と言われました。
その言葉を聞いて、もしもの事が有った時は
私は母には告知はしないで置こうという結論に達しました。


がん患者本人ではなく、家族だけががんの告知を受けてしまった場合
まず最初に思いつくのは「いつ本人に言うべきか」「どのように言うべきか」
「または黙っているべきか」
の選択だと思います。

このなんとも言葉では言いがたい選択には、どれも正解は無く
本人への告知については家族の意見も分かれるし
自分自身でも勿論判断に迷います。

なので、聞いたからと言ってそれが正解というわけではないですが、
健康な内に、家族の死生観について、何気ない会話の中ででも
話して聞いてみることは必要だと思います。
自分がもしも家族として患者と向き合わなければならなくなった時に
少しはその答えを教えてくれる
道しるべにはなるかもしれません。





スポンサーサイト
[ 2010/09/17 16:58 ] 管理人ハッピーecoの日記 | TB(0) | CM(-)
カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。