ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入院のベット代について

長期に自分の身内で入院するといった事が今まで無かったので、
入院したら一日どのぐらいかかるのか?
という事は全く考えた事が有りませんでした。

手術や治療の費用などは、かかっている病気によって異なりますが、
それ以外に必要なのは差額ベット代・食事代・レンタルで借りる物ectです。

無料のベットも勿論ありますが、
やはり無料ベットは人気が有るので病院で必ずしも空いているとは限りません
我が家はがん保険などに入っていたため、
その中で入院費用を工面することは出来ましたが、
無保険だと病気すら出来ないような状態の世の中なのは事実です。

病院によって、ベットのランクはマチマチだと思いますが、
お父さんが入院していたところは7段階に分かれていました。
病院はきれいで施設も整っているところではありましたが、
その分、毎日負担するにはかなりの額のベット代です。

無料の4人部屋のその上は
差額ベット代が1日/5000円台。
その上になると急に個室になり、1日/15000円台。
一番VIPな個室だと1日/70000円台・・・・
7万円の個室に泊まる人居るんだろうか?
いや、居るんだろうな~きっと。でも普通の感覚じゃまず無いですね。
ひょえ~って感じです。

金額が安い順で人気が有るので、
がんと言えどもそう簡単に無料ベットへ入らせてくれるわけでは有りません。

患者としては苦しいわけですから、1分1秒でも早く入院したいんですが、
病院側としてはとりあえず一通りの検査してからの入院になるので
入院の予約という形を取るわけです。
最初、この予約っていう制度が良く分からずに、
「こんなに本人が苦しんでるのに、なんで即入院じゃないの?」
っと、憤りを感じた事を思い出します。

病院側には病院側の事情が有るんでしょうけど、
交通事故で搬送されでもしなければ、即刻入院という事の方が珍しいのだと
はじめて悟りました。

ベットも無料と有料だと何がどう違うのか分からないので、
最初は無料でも良いかと思っていたのですが、
無料ベットだと人気が有って空きがないからいつ入院できるか分からない。
でも差額ベットの個室なら直ぐ手配できるけどどうか?

って、そう聞かれました。

「空きがなくて入院できなかったらどうなるんですか?」
って聞くと
治療が遅れます
って。
そりゃあたりまえだよね、入院できないんだから治療も出来ないわけで。

そう言われたら、とりあえず早く入院できるベットで良いや!
って事になっちゃって、
必ずしも安いベットの所に入院できるわけじゃないんですよね


何度か入退院を繰り返していると、その辺の勝手もつかめてくるので、
もしも自分たちが希望していないタイプのベットへ行く事になったときは、
ダメもとでも入院当日にナースセンターなどに
4人部屋のAタイプに空きが出来たら移動したいんですが。」
って言っておけば、空きが出たときに声をかけてくれたりします。

私たちもどうしても空きがなくて個室の一番安いタイプに行ったとき、
出来れば4人部屋に移りたい」と希望していたら、
翌日空いた4人部屋に移動できました。

病院も、一日に沢山のひとを見ているので細やかな配慮はしてくれません
なので、入院する側がちょっとしつこいくらいに確認したり訊ねたりすると
きちんと対応してくれることが多いです

しかし、入院には本当にお金がかかります。

スポンサーサイト
[ 2010/02/03 19:42 ] 管理人ハッピーecoの日記 | TB(0) | CM(-)
カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。