ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

疼痛についての知識

ガンになったときに、患者本人やご家族が懸念されることの一つに、
「疼痛」への心配や恐怖があると思います。
少なからず、私自身も父が小細胞肺がんになった時に思ったのが、
抗がん剤治療を受けることでの副作用と、
ガンが進行するときに本人が感じるであろう疼痛の事でした。
自宅や病院で、患者が痛さに苦しんでいる姿を見るのは、とても耐え難い事だと思います。

またその一方で、痛みを取るときに使用する薬によって、
・薬を多く使用すると、薬物中毒になってしまうのではないか?
・薬を使っているうちに、効かなくなって来るのではないか?
・薬を使うと、死期が早まるのではないか?

という薬を使う事に関する不安や疑問というものを持っていて、
なかなか利用したがらない患者の方やご家族の方も多いのではないでしょうか。

長年、モルヒネなどを疼痛を緩和するために利用した結果、
上記に上げられている不安は、殆ど無いという事が各医師会などで報告されています。
たとえば、薬物中毒に関して言えば、一般の痛みも何も無い人が使用すると中毒に陥るが、
ガンなどの痛みを慢性的に感じる激しい痛みにモルヒネを使用したばあいは、
中毒症状に至らないというのが分かっています。

私の父は大学病院で、適切な投薬による疼痛コントロールを受けていた事によって、
自分のやりたい事をする事ができ、また、歩いて趣味の釣りに出かけたり、
自分で車の運転をしたりなどをする事が出来ていました。
痛みが取れることによって、闘病中でも患者本人が出きることが広がるという事を、
父を見ていて良く思ったものです。

また、父本人も闘病中に一番懸念していた事が、
「痛み」に対する恐怖心でしたから、薬を飲む事でその恐怖心から開放されることで、
それが安心感にも繋がったようですし、主治医の先生からも
「痛みは我慢せず、痛さを感じたらどこに、どのような痛みがあるのかを直ぐに知らせるように。」
と、お話があったようです。

家族としては詳しい薬の事を知らないまでも、
こうした疼痛を和らげるための処方は実際にあって、
緩和治療としては既に実施されている事だ
という事を知る事は大切ですし、
なるべく誤った知識や誤解をしている昔の知識を改めて、
新しい情報や処方を知る事が大事
だと思います。

がんの痛みに関する事や、緩和治療に関する事は、
こちらのページにまとめてありますので、必要な方は一度目を通されてはいかがでしょうか。
リンク集はこちら
スポンサーサイト
[ 2009/10/29 17:16 ] 管理人ハッピーecoの日記 | TB(0) | CM(-)

糖尿病のおばさんのお見舞いにグァバ茶

先日、糖尿病と心臓の疾患で急に倒れ、病院へ入院した親戚のおばさん。
父が闘病生活をしている時は、何かとお世話になっていたので何かしてあげたいと思い、色々と探していました。
倒れたおばさんと似たような状況で、今も御茶ノ水の病院に通っている友人から、「グァバ茶を医者に進められて飲んでいた」という情報を聞いたので、早速グァバ茶について調べてみました。グァバの葉っぱにはクエン酸、シュウ酸、乳酸、リンゴ酸、ギ酸、ビタミンA、ビタミンC、タンニンで、他に脂肪油、精油、揮発油、樹油、ビタミンB群、インスリン様成分や芳香族化合物などの有効成分が含まれているようです。また、タンニンが多く豊富に含まれており、血圧の上昇を抑制する働きがあるとされ、高血圧や糖尿病予防などに効果があるとされているようです。
という事で、早速市販されている沖縄バヤリースのグァバ茶を購入して送る事にしました。本当は、ルピシアなどで売っている、グァバのお茶っ葉を購入しようかとも考えたのですが、病院や自宅で療養しているときに、イチイチ煎じて飲むという行為はわずらわしいのではないか?とも考えたので、ペットボトルの500ミリリットルの物にしました。
500ミリリットル×24本で3780円。楽天沖縄バヤリース専門店にて購入。ついでに我が家にも購入です!

[ 2009/10/28 17:04 ] 管理人ハッピーecoの日記 | TB(0) | CM(-)

患者と家族、気持ちのすれ違い

【2008年6月 退院後の予後と気持ちのすれ違い】

6月1日に父が退院してきてからは、
病院で食事をするよりも積極的に食事を取るようになりました。
入院当初は口から入れる食事よりも、栄養剤を点滴で摂取する事を好んでいて、
家族がいくら「食事は大切だから」と言っても聞く耳を持ってくれませんでした。

あまりの食事の取らなさ加減に、主治医の先生に相談・お願いをして、
今度は先生から父へ食事を取るようにお願いをしてもらいました。

「点滴ばっかりやっててもダメだよ。口から食事を取るほうが、体力は早く回復するんだからね。」

その一言でコロッと変わり、翌日からは食事を食べるようになりました。
父にとっては先生の言う事は絶対なんです。
悲しい事に家族の言葉は、一度や二度言ったぐらいでは素直に受け取ってくれない。
全く困ったもんです。

当然の事ながら、そのやり取りは自宅でも有るわけです。
ひとえに食事と言っても、出来るだけバランスの取れた、栄養価の高いものを食べて欲しいし、
たとえば食事で補いきれない栄養素は、サプリメントなんかを飲んでもらいたかったりします。

私も食べ物や飲み物については色々周りの人から聞いた情報や
ネットで調べた事、あるいは漢方の先生から聞いたことなどを基に、
プロポリスだとかアガリスクだとかレイシだとかノニだとか
色々買ったりしてみました。
どれも、ガンに効くかどうかは解らない。
解らないけど、人の体質は人それぞれだから、
もしかすると何かが良いように働いてくれるかもしれない!

母と私は抗がん剤治療だけでは奇跡は起きないとどこかで思っていたので、
そういった代替治療について、あれやこれやと調べたりしていました。

しかし・・・・・

父本人は、全くそれを望んでいませんでした。
これは、本人の性格が有ると思うのですが、そもそも得体も知れない物を飲む事を非常に嫌がり
また、そういうことにお金と時間を費やす事を、極度に嫌がりました。
第一、野菜ジュースですら飲まないタイプの父が、そう簡単に受け入れるわけがありません。

案の定、プロポリスやレイシを勧めて見ましたが
「そんなに体に良いものならば、俺はいいからお前たちが飲め!」
・・・・・・撃沈

最初は意地を張っているだけかも?っと思いなおし、
何度か事有るごとに父に勧めてみたところ、応えはやっぱりNO
父がこういう物を拒否するたびに、母は肩を落とすばかり。
娘としては、母の気持ちを汲んでパフォーマンスでもいいから
ちょっとは口にしてくれれば良いのにとも思ったりするんですがね~

父が嫌がる事を無理やり押し付けられない
でも、母が奇跡を信じて何かに取り組みたい気持ちもわかる。
娘としてどう対応して良いのやら、模索する日々が続きました。

そんな有るとき、友人から透明な液体のゼオライトという物の話を伺う機会がありました。
ゼオライトは鉱物の一種で、色々な物に使われています。
アメリカからの個人輸入になってしまうようですが、
そのゼオライトがガンに効くという逸話が有ると聞き、
私はこれを購入して見ることにしました。

正直、この物質がガンに直接的に効くか否かは全くわかりません。
でも、父に内緒で摂取してもらい、尚且つ母が満足できるものはこれしかないな・・・
っという判断からでした。

数日後送られてきた物は、目薬の容器ぐらいの大きさで、中身は少し半透明の液体。
水の中に入れても、それが入ったことは目で確認できないぐらいです。

と、いう事で・・・・・・
抗がん剤をやらない時には、通称「目薬」を利用する事にしました。
母は最初こそこれを入れることにやや罪悪感があったものの、
次第に入れることに一種の「喜び」を感じるようにまでなりました。
(無論、父に飲んでもらう前に家族でも試しました。無味無臭です。)

「目薬を入れるようになってからは、食事が旺盛になった!」
「この薬、効いているみたいよ!」


父は知らずに摂取しているし、
母は父の体調が良くなってきたのはゼオライトのおかげだと思っているし。
まぁ、これで良しとしようではありませんか。

補足ではありますが、代替治療に関しては
殆どの病院や医師は消極的です。
臨床試験も行っていない、データも証拠も根拠も薄い物に対しては
ドクターは冷ややかです。
私と母は先生に代替治療の併用についても相談していましたが、
高いお金を払って、効果が期待できない事にかけるのは無駄なのではないか
おそらくやっても期待は持てませんよ。

と言われてしまいました。

ドクターのいう事はごもっともな意見でも有りますが、
人が病気になるメカニズムが完全に解明されていない以上、
それが治るメカニズムもまた、完全ではないのです。

そういう視点から考えればおのずと、やっている事が「無駄」という事は無く、
何かのキッカケ・タイミング・物・考え方
そんな些細な事で、体調が変化する事だって有り得なくも無いと思うのです。
よく、「末期がんが治った!」「腫瘍が消えた!」という体験談を聞いたりしますが、
私はあながちウソとは思えません。
その患者本人が病気と向き合い、普段の生活や環境を変える事により
奇跡と呼ばれる事だって十分に起こりうる事だと思っています。

とは言えども、私の父のように頑なに
代替治療や健康補助食品に対して嫌がる患者も居ます。
患者本人が嫌がる行為を、
家族が強引に進めてしまうのもまた問題があると思います。
代替医療等を行う際は、
実際それを受ける患者本人と家族が十分に話し合う事も必要。
家族が勘違いをしてはならないのは、
治療を受けるのは患者本人だという事に尽きると思います。
[ 2009/10/22 13:09 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)
カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。