ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第4~6回 肺がんの抗がん剤治療 [2010/8月~10月]

2010年8月~10月までの間に
ほぼ1ヶ月おきのシスプラチン抗がん剤治療を行いました。

4回目の抗がん剤治療を終えた辺りから、
小細胞がんの数がレントゲンで目に見える位に
小さくなっていました。

当初、肺のレントゲンを見た時には、
右の肺は白く一面に雲がかかっているような
キリがかかっているようなそんな状態だったので
素人の私がみても
「絶対怪しい」
とわかるような感じでしたが、
その酷い時から比べれば数段良くなったように思えました。

実際、抗がん剤は効いてくれていて、
最初の頃はゼイゼイと息苦しかったのも随分と呼吸が楽になり、
肺に空気を送り易くする為の胸部に貼る器官を拡張するための薬も
しばらくは使わなくても全く問題ない感じでした。

抗がん剤の効果が実感出来た事も有り、
父も絶望感から少し解放されたのか明るくなり
最初の入院時から比べれば食欲も増してふくよかになってきました。

人は、ほんの少しの希望で
こんなに明るく元気になれるんだな

父を見ていてそう感じました。
その様子を見ている母もまた嬉しそうでした。

元気になると、病院にいても食事はおいしく無いし
毎日テレビばかり見ていても飽きてしまう。
だから、抗がん剤の治療が終わると一日も早く退院したがりました。
内心、退院したい一番の理由は喫煙だったと思うのですが・・・

この頃は退院して自宅で過ごす時間も大分長くなってきました。
自宅に居る時は、殆ど昼間寝て夜起きている生活になっていました。
どうしても釣りに行きたいらしく
夜なべして釣りの仕掛けを作っていて
母は寝たがっていたけれどもウトウトしながら起きている。
早く寝た方が良いと行っても言う事聞かない。
しかも、日中母が疲れて寝ている好きに
車に行っては喫煙している始末。
もう、この頃になると、いちいち「喫煙しちゃダメ!早く寝ないとダメ!栄養付けなきゃダメ!」
って、言わなくなっていた。
だって散々言ってきたし、いやという程喧嘩してきたから。

でも有る意味、ここまで我を通せる父は凄いなと思う。
家族になに言われようとも、自分の意志でやりたいようにやる。

今となって思えば、夜眠らなかったのにはもちろん釣りをやりたいから
がんばって仕掛けを作っていたのも有るけれども、
夜の闇が怖かったんじゃないだろうか。
と、思う。
母もそれを承知していたからこそ
そんなわがまま三昧な父に付き合っていたんだと。



スポンサーサイト
[ 2011/06/02 23:44 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)

抗がん剤【シスプラチン】の副作用について

抗がん剤について、家族や本人が一番心配する事、
それは効き目が有るかどうかも去ることながら
やっぱり副作用の事だと思います。

抗がん剤の名前だけ聞いても
成分を聞いても
患者も家族もそれがどれほどの物なのかは分かりません。

抗がん剤の投与する期間、サイクルなどの説明を聞いた後は
大体「こんな事が有るかもしれません」という、脅しのような注意書きを説明し
そこに同意してサインをしなければいけません。

注意書きは主に
抗がん剤をした時に起こりうる可能性の有る
副作用の一覧がツラツラと書かれています。

これだけを読んでしまうと、
「抗がん剤なんてやめて~っ!!」って叫びたくなっちゃいますが、結局の所
投与してみないと、どの症状がどれだけ強くでるかは
ドクターにも分からない・・・・
という事です。

でも、抗がん剤はがん細胞を殺し
抗がん剤の多くは正常な細胞も同時に攻撃してしまうので
症状がゼロ
のパーセンテージの方が低いとも言えます。


父は最初の6回まで
シスプラチンという白金質の抗がん剤を投与しまいた。
この抗がん剤自体はかなり強いランクの物らしく
投与して翌々日ぐらいには血小板と赤血球の数値が極端に低下
輸血してしのぎました。

あとは、抗がん剤特有の倦怠感
これはシスプラチンに限らず、どの抗がん剤を投与しても感じる事が多いみたいです。

吐き気については父の場合はほぼ症状がゼロに近かったですが、
抗がん剤を投与している最中に、吐き気止めの製剤も投与していたと聞いています。

それと抜け毛についてですが、
シスプラチンの投与では、ほぼ完全に抜け落ちてしまいました
抜け毛は投与して直ぐには症状が出ず、
5日~一週間ぐらいは抜け始めるまでに時間がかかりました。

最初、抗がん剤の投与が終わって直ぐは、全く髪の毛が抜けていなかったので、
ひょっとしたら父は抜けないのかな?って思っていたんですが、
その思いは甘く、抜け落ちるときは一度のブラシ、シャンプーで
ゴソ ゴソ 
と、まとめて抜けてしまう為、父も大変ショックを受けていたようです。
(私にはそんなこと言ってませんでしたが、
母にはなにか心細い事を言っていたよう。)
抜け始めると早く、2、3日でほぼ抜け落ちてしまいます。

でも、全ての抗がん剤で抜けるわけではなく、
シスプラチンなどで抜け落ちてしまっても
抗がん剤の投与をしていないとまた毛は生えてきます。
(一生はえないというわけではないです。)

すごく不思議だったんですけど、
一度抗がん剤ですっかり抜け落ちてしまった後、
シスプラチンから別の抗がん剤にスイッチし、
白金質の抗がん剤投与をやめてからは
黒い、丈夫な毛が生えてきました。
(父は元々白髪頭だったんですよ!もうビックリです!)

髪の毛が無くなってからは暫く病院内に売られていたニット帽を被ってましたが、
夏場などはチクチクして痛いし暑いので、
ラーメン屋さんなんかがよくやっている
バンダナ帽が非常に役に立ち、また父もえらく気に入ってました。
※バンダナキャップについてはこちらのブログにも少し触れています★

抗がん剤の副作用は出方がまちまちで
父がそうだったからといって一概に他の人もそうだと言い切れませんが
少し参考になればと既述いたしました。
[ 2010/07/15 19:27 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)

3回目抗がん剤の経過と家族について

【2008年7月 3回目の抗がん剤治療の経過】

3回目という事もあり、
輸血はしたものの本人の気持ち的には大分落ち着いてきた様子でした。

初めて入院した時は食べ物が喉にとおらず、
飲み物もむせて飲めないほどだったのが
抗がん剤の治療をすると病巣が小さくなる為に気道の確保もしやすくなり
それによって食べたり飲んだり出来るようになる事を
本人が自覚しているからだと思います。

抗がん剤をした直後はやはりだるいようですが
それでも家族と会話する気力がある事は良い事です。

4人部屋に移ってから数日後、父の兄弟(親戚)がお見舞いに来てくれました
1度目の抗がん剤治療が終了した直後にも一度来てもらったのですが、
その時は変わり果てた父を見て、影ながら親戚の人達が泣いていました。
今回は3度目の抗がん剤を投与した後。
前回よりも多少物も食べれるようになり、少しふっくらとした父を見て
親戚も安堵した様子が伺えます。
話も弾み、昔話や退院後の事、これからの夢などを嬉しそうに語っていて
その様子を見ると「ひょっとすると治るかも?」って思ってしまうほどです。


入院仕立ての頃は、「自分のこんな姿は兄弟に絶対に見せたくないから呼ぶな!」

って、怖い顔して私や母に言っていました。
母は父が嫌がるので、兄弟には入院したことは知らせないようにしようと当初思っていたようです。
でも、兄弟側の身になってみれば、いくら本人がみっともないから会いたくない!
って思っていても、今は話も出来るし歩いたり出来るし、
そういう状況の時にこそ会わせてあげるべきなんじゃないかと私は思っていました。

兄弟に連絡を取るか取らないか、母と私の意見は対立して
しばらく平行線をたどっていましたが、
父に呼んだ事を怒られたとしても、やはり兄弟には会わせるべきだ!!
っと、半ば私の強引な説得で母を説き伏せて、親戚に連絡することにしたのです。

最初、果たしてこれが良かった事なのか、兄弟が会うまではドキドキでしたが、
実際に皆と会うと、父はびっくりしたのと同時に
素直に嬉しかったらしく、とても喜んでいました。

その姿を見て、やはり連絡をしておいてよかったなってホッとしました。
私も母の気も、この瞬間少し楽になりました。



[ 2010/06/14 19:18 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)

第三回 肺がんの抗がん剤治療

【2008年6月 第三回 抗がん剤治療】

第三度目の治療が始まりました。

今回も前回と同じ抗がん剤投与となりましたが
投与された量は前回よりやや少なめとの主治医からの説明。

■抗がん剤の種類:CDDP(シスプラチン)+VP-16(エトポシド)
■投与サイクル:4週間を1サイクルとして、2コース(今回が3サイクル目)
■投与した日:6月27日~29日の3日間

※前回の投与記録はこちら


【投与後の経過】
抗がん剤投与後2、3日は倦怠感と食欲不振があったものの、徐々に食欲も取り戻し
食べられるものも増えてきて体力の回復が早かった。
また、吐き気などは感じなかったようです。

しかし、前回同様に7月4日にまたもや輸血をすることになりました。
今回は赤血球の成分輸血のみで、血小板は行わない模様。

輸血の同意についても、家族が誰もいないときに主治医と相談し決めたようで
私が会社帰りに病室へよったときには既に輸血がはじまっていました。
(ほんとに勝手なんだよな~父は・・・)

今までは個室にいましたが、3回目の入院から有料の4人部屋にしてもらいました。
個室は家族だけで気兼ねなく居られるのは良いのですが、
家族が帰宅した時などは逆に寂しいのではないかという点。
それから我が家にとっては重要な事ですが、
集団の部屋になる事で容易にタバコを吸えなくなるという点。
もう一つは長期間の入院のため、入院費用の面という点で4人部屋を選択しました。

個室に比べるとプライベートな間隔は薄れますが、
他の入院患者さんの気配などがするので、
個室に比べてどこか気が楽な雰囲気がしました。
それに、父も他の患者さんを見ていることで、
話しかけなくてもどこか「自分だけじゃない」という気分にもなれるようでした。







[ 2010/05/31 19:52 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)

2度目の入院が決定

【2008年6月25日 2度目の入院】

6月1日に退院をし、6日にCTと採血を外来にて実施。
その後2週間ぐらいは自宅にて養生をしてから
17日に外来で採血とレントゲン及び問診を行った。

25日からまた抗がん剤治療を行う為に再入院する事が決定したものの、
父本人は前回の抗がん剤が効いて呼吸が楽になった分
気持ち的にかなりいい状態になっていました。

家族として一番気になっているのが
もうシツコイようですがタバコの事。
退院中は母の目を盗んでは、学生のようにタバコを吸う始末
自宅でタバコを吸えても、病院に行ったらまた吸えなくなるのに
またこの事で父と喧嘩することは避けたいな~
母と私は入院の日が近づくにつれて、
その事で悩むようになって来ました。

どうにか病院で父がイライラしないで済む方法はないだろうかと
頭をひねって一生懸命考えていました。

するとタイミング良く、禁煙を促すためのCMがテレビで流れました。
「ニコチネルパッチ、新発売!これであなたも禁煙できます」
私はこれを見た瞬間、もうこれしかないな!!って思ってました。
父を病院で大人しくさせる方法は・・・・

私や母がタバコの事で悩んでいた時
実は父自身も同じ事で悩んでいたようです。
病院に入院ともなるとベットでタバコを吸うわけには行かないけど、
でも多分耐えられないんじゃなかろうかと。
そこで父はこのCMを見た直後は何も言わなかったけれど、
数日たった有る日に
「ほら、なんかCMで貼って禁煙するみたいなやつやってたろ?」
買ってきて欲しいと父から言ってきた。

いちいち説明しなくても良くなったから
これはラッキーだと思いました。

さっそく近くのドラッグストアに偵察をしに行って見た。
そ、そうしたら・・・・
高っ!
2週間分で5000円ぐらいする。
しかもこんなシール14枚分ぐらいで!!
だけど、タバコの事で病院でダダをこねられるよりは数倍ましか?
と思いなおして、買いましたよパッチを。

禁煙外来に行けば処方してもらえて安く上がるんだろうな~
っとか思いつつ。


母と相談をして、次に入院するときは個室ではなく
4人部屋にする事に決めていました。
目的は人の気配がした方が夜など寂しくないだろう
っていうことと
他の人が居ればトイレで隠れてタバコを吸わないだろう
という2点。
父にまともにこの理由を述べたら
どんな返事が返ってくるか分かったもんじゃないんで
「経済的な理由でそうさせて欲しい」
っと、母が小芝居をうちました。

さて、次の入院は一体どうなってしまうのやら。
めっちゃ心配です。



[ 2010/01/07 18:03 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(-)
カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。