ガンと家族と医者と私

末期がん(肺がん)になった父のがん治療やガンの症状の推移、また家族との軌跡を綴っています。 また病院での生活、家族の心の変化や闘病中に使用したグッズの紹介などをしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラジオNIKKEIの【働くがん患者学校】

最近パソコンをいじりながら、
ネットラジオを聞く機会が多いのですが、
ラジオNIKKEIは結構面白い番組が多いです。

その中で、第一、第三日曜日に放送されている
【働くがん患者学校】
というプログラムを見つけたのでご紹介します。

文字通り、「働くがん患者」に向けた内容がコアとなっています。
リスナー自体ががんの経験者だったりするので
かなりリアルで等身大。
どこかの偉いお医者様が難しい専門用語を並べ立てているような
感じではないので、すごく聞き易いです。

たとえばガン治療を続けている事により
どんなことにお金が必要になってくるのか
とか
ガンの治療を続けながら仕事をするにあたっての
様々な弊害や悩み
など。

ご興味の有る方はパソコンでも簡単に視聴できますので
是非アクセスを。
■働くがん患者学校byラジオNIKKEI
スポンサーサイト
[ 2011/06/20 19:26 ] がんに関する記事情報 | TB(0) | CM(-)

「唾液検査でがんを発見」という朗報

ガンの早期発見について、
また一つ新たな朗報のニュースがありました。
下記AFPBB Newsの内容を一部転記します。


【AFPBB News より】
【6月30日 AFP】慶応大学(Keio University)は28日、
米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California Los Angeles、UCLA)と
共同で唾液からがんを発見する技術の開発に成功したと発表した。
 慶応大によると、研究チームはがん患者を含む215人から唾液サンプルを摂取して、これを分析。
その結果、膵臓(すいぞう)がん、乳がん、口腔がんの3種類のがんに罹患していることを示す
54種類の物質を特定できたという。
検出精度は膵臓がんが99%、乳がんが95%、口腔がんが80%
かなり高い確率だ。
******************

これらの技術が一般的に広くがん検診などで利用されるようになれば
検査も手軽な事から多くの人達が気軽に検査でき、
早期発見に繋がっていくと期待できます。



[ 2010/06/30 18:24 ] がんに関する記事情報 | TB(0) | CM(-)

採血だけで消化器がんを発見

がんの早期発見に、また新たな光が差し込んできました!

asahi.comの記事によると金沢大学は19日、胃がんや大腸がん、膵臓(すいぞう)がんなど
消化器のがんを採血だけで発見できる手法を開発したと発表
消化器がんに特徴的な遺伝子群の異常があることを見つけ、
がんの有無を判定できるようにした。
従来の検査法より、がんを高率で見つけることが期待できる
※asahi.com文を引用。さらに詳しい記事はこちら

血液検査だけで特定のがんとはいえども発見できるというのは、
少なくとも健康診断などでこの検査をもりこむ事が出来るようになれば
格段にがんの早期発見につながります。

きっと、今後さまざまな研究の中で、
また新たな手法も生み出されることが期待されますね。
[ 2009/11/20 17:07 ] がんに関する記事情報 | TB(0) | CM(-)

葉酸と抗がん剤の効果について

マウスの実験段階ではありますが、7月はじめに葉酸を抗がん剤のタキソールを使用するときに混ぜて使ったところ、通常の効果の3倍を示したことが読売新聞の記事に掲載されていました。
※読売新聞記事はこちら

葉酸は天然のビタミンで、ドラッグストアのサプリメントコーナーでもよく有るし、
最近では妊娠、出産時の補給ビタミンとしても葉酸が良いと言われて紹介されたりしています。
まだ、マウス実験での結果とは言えども、
このような研究の結果は、明るい未来の手がかりとなる第一歩だと思っています。

それに、抗がん剤を使用するにはどうしても体力の限界があり、
健康な細胞も破壊してしまうデメリットがあるので、
化学療法を行うには体の免疫力を高めるものと併用するという事が
抗がん剤治療をした後の回復力などにも影響をあたえるのではないか・・・
っと、思ってしまいます。

抗がん剤をすることでの副作用を軽減する為に、
その副作用を軽減するための薬が開発され、使われていますが、
その副作用を軽減する為の薬もまた、違う副作用を招くものに他なりません。
がんに対しては効果を発揮できたとしても、
別の場所に大なり小なり影響をきたしているという事を
頭においておく必要が有ると思います。

そういう意味でも、今回の自然界に存在する物質がいい効果を生みそうな気配は
今後の研究にも期待できる手がかりになりそうな気がします。
[ 2009/07/28 17:13 ] がんに関する記事情報 | TB(0) | CM(-)
カテゴリ
参考になる本
ブログランキング
よかったらポチっとお願いします。
☆☆☆☆☆
検索フォーム
私の本棚
相互リンク希望の方はメールフォームよりお送り下さい

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。